飯能祭り2018年の日程と見どころ・行事の詳細を紹介

飯能祭り2018年の日程と見どころ・行事の詳細を紹介

飯能祭り(はんのうまつり)は、埼玉県飯能市で行われる山車曳きの秋祭りで、今年で第48回を迎えます。飯能市内各地の神社で行われていた、お囃子・山車・獅子舞などの行事が同日同会場で観覧できます。お祭り当日は、鼓笛隊・民謡パレード・野外音楽会・お祭り広場など多彩な催しが繰り広げられ多くの人出で賑わいます。山車と屋台11台が、祇園ばやしと共に繰り出し、お祭りの最高潮の引き合わせを各所で行いながら街を巡行します。

妙円寺詣りの由来と2018年の日程・見どころ・交通アクセスを紹介

妙円寺詣りの由来と2018年の日程・見どころ・交通アクセスを紹介

妙円寺詣り」(みょうえんじまいり)は、鹿児島三大行事の一つです。 1600年(慶長5年)の関ケ原の戦いで、豊臣方として戦った島津義弘公の帰還をしのび、鎧・兜の装束衣装で、武者行列を行います。武者行列は、鹿児島市の照国神社から日置市伊集院町の徳重神社まで、約20Kmの道のりを歩き参拝をします。その他、郷土芸能や武道大会、ふぇすたウォークリーなどの行事があります。ここでは、妙円寺詣りの由来と日程・見どころなどを紹介していきます。

2018年・佐原の大祭秋祭りの日程と見どころ・交通規制や駐車場情報を紹介

2018年・佐原の大祭秋祭りの日程と見どころ・交通規制や駐車場情報を紹介

『佐原の大祭』(さわらのたいさい)は、千葉県香取市(旧佐原市)の市街地で行われる、関東三祭りの一つです。今年の「佐原の大祭秋祭り」では、13台の山車が、小野川を挟んだ西側一帯(新宿)をメインとする、山車の曳き廻しなどが行われます。ここでは、佐原の大祭秋祭りの日程と見どころ・交通規制や駐車場情報などをお伝えします。

第37回南総里見まつり2018年の日程・見どころ・「南総里見八犬伝」のあらすじなどを紹介

第37回南総里見まつり2018年の日程・見どころ・「南総里見八犬伝」のあらすじなどを紹介

千葉県館山市北条である「南総里見まつり」は、今年で第37回目を迎えます。まるで、戦国時代にタイムスリップしたかの様な、武者行列は、全国各地から募集した伏姫(ふせひめ)をはじめ八犬士(はっけんし)が鉄砲隊などに扮して、鏡ケ浦通りから立山駅西口をパレードします。また、市内各地から集結した24基の山車・お船・屋台・御神輿が里見まつりを盛り上げます。里見まつりのフィナーレは、北条海岸の夜空に花火が彩ります。ここでは、南総里見まつりの日程や見どころ・「南総里見八犬伝」のあらすじなどを紹介していきます。

大原はだか祭り2018年の日程や見どころ・駐車場情報を紹介

大原はだか祭り2018年の日程や見どころ・駐車場情報を紹介

関東随一、と言われる千葉県いすみ市の『大原はだか祭り』地元の方々には、なくてはならない秋祭りです。十八基の御神輿(おみこし)が、一斉に海の中へと担ぎ込まれ、怒濤の波間で御神輿が数社もみ合う「汐ふみ」は、勇壮豪快です。やがて、夕やみに迫るころ、商店街はお神輿の巡行で埋め尽くされ、お祭り一色となります。そして、花火の合図で「大別れ式」へと・・・ここでは、大原はだか祭りの日程や見どころ、駐車場情報を紹介していきます。

第37回大分七夕まつり2018年の日程・見どころ・花火大会・駐車場・タクシー情報を紹介

第37回大分七夕まつり2018年の日程・見どころ・花火大会・駐車場・タクシー情報を紹介

大分県大分市の『大分七夕まつ』は、今年で第37回目を迎えます。毎年8月の旧歴、七夕の頃に、大分市街地中心部で、第1週目の金・土・日の3日間に渡り開催されるお祭りです。大分駅前道路の中央通りは、歩行者天国となり「48万人の広場」として、「府内戦紙(ふないぱっちん)」や「正調チキリンばやし」など、熱気あふれる催しで、観客を魅了します。ここでは、大分七夕祭り2018年の日程や見どころ、駐車場情報などを紹介します

おぢやまつり2018の日程や会場・見どころ・駐車場情報など紹介

おぢやまつり2018の日程や会場・見どころ・駐車場情報など紹介

新潟県小千谷市で毎年行われる、おぢやまつり。新潟県を代表するお祭の一つで、毎年多くの人出で賑わいます。おぢやまつりとは、小千谷市で毎年8月に3日間に渡り行われるイベント(民謡流し・仮装盆踊り・神輿・万灯パレード・花火大会など)の総称です。今回は、おぢや祭り2018年の日程や会場・見どころ・駐車場情報などを紹介します。

熱中症で小1死亡・学校での熱中症予防の判断基準はあったのか?

熱中症で小1死亡・学校での熱中症予防の判断基準はあったのか?

愛知県豊田市の小学1年生の男の子が、7月17日正午前に熱中症で死亡しました。全国的に最高気温が更新される猛暑日が続き、毎日ニュースで、熱中症の危険を知らせていたにも関わらず、今回、幼い命が犠牲となりました。義務教育である学校という場所で、子どもの命を預かっている教育者の熱中症に対する知識不足や認識の甘さが招いた結果だと思われます。