第37回南総里見まつり2018年の日程・見どころ・「南総里見八犬伝」のあらすじなどを紹介

千葉県館山市北条である「南総里見まつり」は、今年で第37回目を迎えます。

まるで、戦国時代にタイムスリップしたかの様な、武者行列は、全国各地から募集した伏姫(ふせひめ)をはじめ八犬士(はっけんし)が鉄砲隊などに扮して、鏡ケ浦通りから立山駅西口をパレードします。

また、市内各地から集結した24基の山車・お船・屋台・御神輿が里見まつりを盛り上げます。

里見まつりのフィナーレは、北条海岸の夜空に花火が彩ります。

ここでは、南総里見まつりの日程や見どころ・「南総里見八犬伝」のあらすじなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

下記は昨年のポスターです。

伏姫がとてもお綺麗ですね。

 

嶋津彰一さん(@daojinzhangyi)がシェアした投稿

南総里見まつりとは?

南総里見まつりとは、戦国時代に、安房国(あわのくに)を収めていた、武将、房総里見氏と江戸時代後期に滝沢馬琴(たきざわばきん)の書いた、伝奇小説「南総里見八犬伝」の世界を再現した秋祭りです。

南総里見まつりは、1982年から始まり、今年で第37回目となります。

2018年南総里見まつりの日程

開催日2018年10月20日(土)
開催時間10:00~18:45
開催場所千葉県館山市館山駅西口・北条海岸特設会場
駐車場なし
問い合わせ0470-22-2000 南総里見まつり実行委員会

【開催場所地図】

 

南総里見まつり2018年の行事日程

2018年10月20日(土)   主な行事
10:00~19:30ご当地グルメ・物産祭り
11:20~里見芸能祭
12:30~開会式
13:00~出陣式
13:30~

武者行列出発

(鏡ケ浦通り~館山駅西口)

14:30~

山車・お船・屋台・御神輿パレード

(鏡ケ浦通り~館山駅西口)

15:00~戦国合戦絵巻
16:30~山車・お船・屋台・御神輿集結
18:15~

打ち上げ花火

(北条海岸)

南総里見まつりの見どころ

🏯 南総里見八犬伝の登場人物などの武者行列

武者行列は、全国より公募した伏姫(ふせひめ)八犬士(はっけんし)、鎧(よろい)やかぶとを身に着けた甲冑隊(かっちゅうたい)など、約200名が海岸通りや館山駅西口をパレードします。


出典;一般社団法人館山市観光協会

戦国の武将が身に着けていた、鎧(よろい)や兜(かぶと)は、重そうで、暑そうにもありますが、勇ましくカッコいいですね。

こんなに大勢での武者行列は、とても見ごたえがあり、楽しめそうです。

🏯 戦国合戦絵巻

北条海岸の特設会場で、合戦シーンや火縄銃の演武が観覧できます。

 

塩原信夫さん(@nob_shio)がシェアした投稿

火縄銃の演武は、迫力満点ですね。

🏯 山車・御神輿の競演

市内各地から24基の山車・お船・屋台・御神輿が集結しお祭りを盛り上げます。

 

 

***ゆう***さん(@hymsk422)がシェアした投稿

夜の暗闇に映える、山車と御神輿きらびやかさがお祭りムードを高めてくれますね。

本当に綺麗°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

🎆 打ち上げ花火

お祭りのフィナーレには、海岸沿いから花火が打ちあがります。

、、

ASAMIXさん(@a_asamix)がシェアした投稿

 

山車や御神輿の背後に上がる花火も、それらをより一層、映えさせる様に、綺麗ですね。

まるで、異国の世界の様で、とても幻想的に見えます。

🍴 グルメ祭り

各地から美味しいものが集まったグルメ祭りは、さすがに人気があります。


出典;一般社団法人館山市観光協会

美味しいものがありすぎて、ついつい食べ過ぎてしまいそうですね。

スポンサーリンク

南総里見まつりへのアクセス

🚊 電車を利用の方

【東京駅~館山駅】2018年10月20日(土)の運賃と時間

南総里見まつり開会式から観覧したい場合は、この時間の電車をお勧めします。

片道 2,268円

往復 4,536円

所要時間(2時間36分)

     06:10-8:46

乗り換え回数

  1回

乗車券運賃

 2,268円

06:10 出発    東京 
  41分🚊JR総武線快速 快速 

06:51 着

06:58 発

    千葉 
 1時間48分🚊JR内房線 普通 
08:46 到着    館山 

南総里見まつり始まった頃に到着したい場合は、こちらの電車をお勧めします。

片道 2,268円

往復 4,536円

所要時間(2時間27分)

     08:04-10:31

乗り換え回数

  1回

乗車券運賃

2,268円

08:04 出発    東京 

  39分

  45分

🚊JR総武線快速 快速

   千葉

🚊JR内房線 快速

 

09:29 着

09:31 発

    君津 
 1時間🚊JR内房線 普通 
10:31到着    館山 

🚙 車を利用の方

 東京から館山駅まで約100Km 車で約1時間33分

*館山駅周辺の駐車場は、収容台数が少なく店舗の駐車場も利用者専用となっているため、出来れば公共交通機関での利用をお勧めいたします。

南総里見八犬伝とは?

『南総里見八犬伝』とは、滝沢馬琴(たきざわばきん)28年もの歳月を費やし、書いた長編小説です。

作品自体はフィクションですが、モデルとなった地域や史実(しじつ)=【歴史上の事実】存在します。

江戸時代、浄瑠璃(じょうるり)や歌舞伎(かぶき)には、徳川幕府を批判するものが取り入れられて、その面白さが好評でした。

しかし、徳川批判をそのまま描いては、責任者がとがめられるので、作者は、時代を鎌倉時代や足利時代にする手法を使っていました。

「南総里見八犬伝」もその1つです。

南総里見八犬伝のあらすじ

里見家は、今から500年前の安房国(あわのくに)、現在の千葉県安房郡(ちばけんあわぐん)を収めていた武将です。

室町時代、結城合戦(ゆうきかっせん)=【室町幕府と結城氏ら(関東の諸豪族)との戦い】で、里見家は、義実(よしざね)だけが生き残りました。

義実は、安房国(あわのくに)で、山下定包(やましたさだかね)が、国を乗っ取ろうという話を耳にし、山下定包とその妻の玉梓を討ちます

玉梓(たまずさ)は、義実に首を跳ねられる時、「お前と、その子孫まで呪って煩悩の犬にしてやる!」と呪いをかけました。

その後、義実は安房国を治めることになりますが、玉梓の怨念は、義実の子ども達にずっとつきまといます。

時が経ち、義実は結婚し、伏姫(ふせひめ)という美しい娘を授かりました。

しかし、伏姫は3歳になっても言葉を話しません

心配になり、有名な神社へ行く途中、老人から「伏姫は呪われている」と知らされます。

その老人は、呪いを解くため「仁・義・礼・智・忠・信・考・悌」と彫った8つの水晶の数珠(じゅず)伏姫の首に掛けました

すると、伏姫は、その日から言葉を話すようになったのです。

再び時は経ち、隣国に攻められた里見家は、落城の危機に陥ります。

義実は、どうにもならない状況の中、伏姫が、かわいがっていた犬の『八房』(やつふさ)「隣国の安西の首を取ってきたら伏姫を嫁にやる」と言いました。

八房は、本当に安西の首を取って帰り伏姫を背に乗せて山の中へと消えて行きました。

しかし、伏姫を愛していた、金碗大輔(かなまりだいすけ)は、伏姫を取り戻すため、八房を探し出し、矢を放ちます。

その矢は、八房と八房の霊気で8人の子を身ごもっていた伏姫を貫きました。

矢が伏姫を貫いた瞬間、首に掛かっていた数珠がちぎれ、空に散ります。

伏姫は「8人の子が里見家を守ってくれる」と言い残し、息絶えました。

金碗大輔は、ショックのあまり自害を考えますが、義実に諭され、伏姫の数珠を持つ8人の犬士(けんし)を探す旅に出るのでした。

スポンサーリンク

まとめ

南総里見まつりでは、「南総里見八犬伝」の物語を知ることがポイントで、楽しみ方も変わってくると思います。

武者行列をはじめ、豪華できらびやかな、山車・お船・屋台・御神輿が、何といっても圧巻で感動的です。

また、お祭りのフィナーレでは、花火まで観覧できるなんて、とても見ごたえのあるお祭りですね。

是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする