西垣俊光容疑者大型トラックで8歳自転車巻き込み死亡事故

5月21日午後4時半ごろ、大阪市北区中津の交差点で、大型トラックが、自転車で横断歩道を渡っていた小学生の増田未来さん(8)が巻き込まれ、死亡しました。


出典;日テレNEWS24

事故のあった時間帯は夕方ですが、天候にもよりますがこの季節は、まだ明るいと思われます。

また、写真からも分かるように、信号機のある横断歩道のようです。

増田未来さんは、自転車で横断歩道を渡っていて、今回の事故に遭い、亡くなりました。

なぜ、事故は起きたのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要

大阪市北区の交差点で、自転車で横断歩道を渡っていた小学生の女の子が、大型トラックにひかれ死亡した。

現場は、大阪市北区中津の交差点で、21日午後4時半ごろ、左折しようとした大型トラックが、横断歩道を渡っていた自転車を巻き込んだ。

この事故で、自転車に乗っていた小学生の増田未来さん(8)が病院に搬送されたが、その後に死亡した。

警察は、トラック運転手の西垣俊光容疑者を、過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕した。

西垣容疑者は、「前方の歩行者に気を取られ、左後方を確認しないで進んでしまった」と供述していて、警察は、容疑を過失運転致死に切りかえ、事故の経緯を調べている。

引用;日テレNEWS24

大型トラックの運転手である西垣容疑者は、「前方の歩行者に気を取られ、左後方を確認しないで進んでしまった」とのことです。

大型トラックは、車体が長く、曲がるときの内輪差が大きくなるので、交差点での右左折時には大回りで曲がり、巻き込みなども十分に注意する必要がありました。

しかし、今回の事故は、その点について、安全確認を怠ったために起きたようです。

西垣容疑者は、前方の歩行者に気を取られていたために、巻き込みの注意を払わなかったようですが、結局のところ、脇見運転をしていたという事なのでしょうか?

過失運転致傷と過失運転致死の違いは?

過失とは、前方・後方不注意や脇見運転、巻き込みの注意を払わなかったこと、ウィンカーを点滅せずに方向転換したことなど、すべて「過失」になります。

車を運転中に不注意で被害者にケガをさせてしまうことを、法律上「過失運転致傷

車を運転中の不注意で被害者を死亡させてしまうことを、法律上「過失運転致死」と言います。

今回は、被害者の増田未来さんが亡くなったため、過失運転致死として捜査されるようです。

交通事故で一瞬にして、尊い命が奪われても、日本の法律では以下のような処罰のようです。

自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。
引用;自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律

大切な我が子を突然失ったご両親は、計り知れない悲しみに打ちひしがれていることと思います。

どんなに加害者を憎んでも、亡くなった命は元に戻せません。

この様な悲劇が、繰り返されないことを切に願います。

西垣俊光容疑者のプロフィール

〇氏名 西垣俊光(にしがき としみつ)

〇年齢 52歳

〇職業 トラック運転手

西垣容疑者のFacebookやTwitterを調査してみましたが、個人を特定するものはありませんでした。

スポンサーリンク

ネットの反応

左折の巻き込み確認なんて、基本中の基本じゃない?
それも出来ないドライバーなんて、運転する資格無し!
万が一ぶつかりそう又はぶつかったとしても、途中で気付かないもんなの?
全く意識してないってことだよね。
亡くなった女の子が本当に可哀想で仕方ないです。
ご冥福をお祈りします。
そして、ドライバーには厳罰な刑で、同じような事故が二度と起こらないように抑止して下さい。
引用;yahooニュース

いつも思うのですが歩行者と車の信号を別々にできないのでしょうか
青信号を先に歩行者、次に車の発進によって巻き込み事故も無くなるのではないかと思います
でも左後方確認を怠った事には責任はありますけどね
亡くなられた女児のご冥福をお祈りします
引用;yahooニュース

トラックの運転をしたことある人しかわからないと思うけど、乗用車と違ってトラックの左折ってはっきり言って全く見えないんだよね。
曲がる前に確認をするけどそれでも全部は見きれない!
もういい加減左折時の対策をもっとトラック協会や国やらメーカーやらが本格的に問題視しないとこの手の事故は減らないよ。

引用;yahooニュース

大型乗ってますが、ずっと左下だけを見ながら左折できればいいんだけど、右前方、右後方も見なければいけない。
左折中に左下から目を離したときに突っ込んで来られたら防ぎようがない。
自転車のみなさん、巻き込まれても車の責任ですが、怪我をするのはあなたです。怪我をしたところでわずかな慰謝料と休業補償しかもらえません。
お互い事故の内容注意して走りましょう
引用;yahooニュース

この記事だけでは状況はわからない。
左折巻き込みの事故の場合、一度トラックは被害女児を直前で追い越している可能性がある。または左折しているトラックに女児が突っ込んだかもしれない。
この記事だけで判断はできないが、前者ならしょうがないとは思えない。
引用;yahooニュース

今回の事故では、加害者を非難する声は多い反面、大型トラック独特の死角について、信号機の改善策など、加害者であるドライバーを擁護する声なども上がっています。

亡くなられた増田未来さんは、8歳という年齢から考えて、大型トラックの左折時の巻き込まれ事故は、予想がつかない不意の事だったと思います。

同じような事故が起こらないよう、運転手は安全運転に配慮することは勿論、歩行者・自転車の方の自己防衛も必要だと思いました。

また、今回の事故を教訓に車の危険性について、小さい頃から日常的に、教えていくことが重要だと思いました。

亡くなられた増田未来さんのご冥福を、心よりお祈りいたします。

車の運転をされる皆さんへ

自動車学校や教習所で道路交通法や運転技術を学び免許を取得され、ドライバーとしての責任を持って運転されていることと思います。

ドライバーとなった皆さんは、運転初心者のころ、慎重な安全運転を心がけていたことと思います。

いつしか、車は自分の手足のように動かせるようになり、便利な乗り物として、自分の運転技術に自負してしまい、緊張感を忘れた運転となりやすい傾向のようです。

しかし、ちょっとした気のゆるみが、取り返しのつかない事故へと繋がります。

車は大きな鉄の塊で、歩行者からしたら、とてつもない凶器です。

利便性を追求して、なくてはならない存在となった車を、凶器にしないことは、どの様な理由であれ、ドライバーである方の責任だと思います。

ハンドルを握った瞬間から、常に緊張感と慎重さ、安全に配慮した運転を心がけて欲しいと思います。

交通事故が起きない世の中を、切に願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする