大相撲 優先されるべきは伝統?それとも人命救助?

「女性の方は土俵から降りてください」

2018年4月4日京都府舞鶴市で開催された相撲巡業で挨拶をしていた多々見市長が土俵上で倒れその救命処置に携わった女性に対し相撲協会側が土俵から降りるようアナウンスがありました。

ニュースが流れて以降、「人命救助と相撲の伝統やしきたりのどちらを優先すべきか?」世間では相撲協会の対応や風潮について批判的な声が多く上がりました。

人命救助よりも伝統やしきたりを重んじるなんて一般的には考えられない行為です。

そもそも土俵上の女人禁制とはいつ作られどの程度厳重に守らなければならないたしきたりなのでしょうか?

スポンサーリンク

人命救助と女人禁制のしきたりはどちらが優先される重要事項???伝統やしきたりよりも・・・

国技である相撲の歴史は古く1500年以上にもなるそうですが土俵上に女人禁制のしきたりは明治以降に作られたそうです。

諸説によると豊作祈願の由来が名残としてあることや女性は生理があるため血を流すことは不浄であることが有力なようです。

しかし、女相撲の歴史は日本書紀にも記されており室町・江戸時代にも記録があるようです。

土俵上に女人禁制をそこまで厳重にしなくてもと思いたくなるような記録ですが・・・

伝統やしきたりを重んじることは素晴らしいことですが、世の中で人命より尊いものは他にはないと思います。

相撲協会の謝罪

日本相撲協会の八角理事長から以下全文の謝罪がありました。

本日、京都府舞鶴市で行われた巡業中、多々見良三・舞鶴市長が倒れられました。 市長のご無事を心よりお祈り申し上げます。とっさの応急措置をしてくださった女性の方々に深く感謝申し上げます。
 応急措置のさなか、場内アナウンスを担当していた行司が「女性は土俵から降りてください」と複数回アナウンスを行いました。行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫び申し上げます。

引用;日本相撲協会

スポンサーリンク

文章からは今回の事の重大性に対して真摯に受け止め謝罪されていることが伺えます。

大相撲では昨今、暴行事件など悲しいニュースが多い中、今回を機に少しでも相撲協会の伝統やしきたりの上で柔軟な対応が出来るよう改善され、体質が変わることを願います。

救命処置の行動は絶賛

日本救急医学会の「ICLSコース」ディレクターで、昭和伊南総合病院麻酔科診療部長の大房幸浩さんは、救命処置に携わった女性2人(そのうち一人は看護師)の初期対応について以下のように絶賛さました。

「胸骨圧迫のスキル、周りへの指示の的確さから、相当トレーニングを積んだ方であると思われます。胸骨圧迫の早さや強さは完ぺきで、救急蘇生のスペシャリストと考えられます」

     引用;Facebook

偶然にもその場に彼女らがいて市長は幸いでした。

彼女たちの勇気ある行動で市長は一命を取り留めたようです。

救急蘇生法で助かる命

日本では救急車を呼び現地到着までの時間は平均約7~8分間といわれています。

人は心臓停止後、約3分以内に脳に血流が再開し酸素が供給されないと50%が死亡し

5分経過で助かっても重い後遺症が残ります。

心肺停止後は1分経過するごとに7~10%の命が削られていき10分経過では絶望的だそうです。

救急車の到着まで何もしなければ心肺停止した方は助かる見込みがないというわけです。

したがっていかに迅速に効果的な心肺蘇生法を行うかが人命救助のポイントとなります。

今回、市長の命を救った女性2人の行動は見習うべきですが技術に自信がないと中々出来ない行為ですよね。

身の回りの大切な方がいつどんな時に救急蘇生が必要となるかもしれません。

『備えあれば憂いなし』これを機に救急蘇生法を学んでみるのも良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする