ゆふいん盆地花火大会2018の日程・駐車場・穴場ビュースポットを紹介

ゆふいん盆地花火大会は、大分県由布市由布院町で開催されるお祭りの、メインイベントとなる『蝗攘祭(こうじょうさい)』のクライマックスで打ち上がり、五穀豊穣を祈願した花火大会です。

「蝗攘祭」(こうじょうさい)では、古来より伝わる害虫を追い払う行事を、ゆふいん独自にアレンジし、お祭りを盛り上げます。

お盆の帰省など、地元住民ににとっては、なくてはならない夏の風物詩である『ゆふいん盆地の花火大会』湯布院の夜空を、尺玉を含む2,000発もの花火が、艶やかに彩ります。

ここでは、花火打ち上げ場所周辺の駐車場情報と、穴場ビュースポットを紹介します。

スポンサーリンク

ゆふいん盆地祭り・蝗攘祭(こうじょうさい)とは?

 
蝗攘祭(こうじょうさい)とは、昔から農村地域で虫追い(害虫を追い払う)の行事を再現したものです。
 
平安時代に源平合戦で敗れた平家方の武将、斎藤実盛(さいとうさねもり)が乗っていた馬が稲につまずき源氏に討たれ、その怨念が害虫となって稲を食い荒らしたという言い伝えから、実盛の霊を慰め豊作を祈るお祭りです。
 
 
【 実盛(さねもり)どん】のわら人形
 
ゆふいん盆地祭りの「蝗攘祭(こうじょうさい)」では、山笠や牛に斎藤実盛を【実盛(さねもり)どん】に見立てたわら人形を乗せて、湯布院町内を練り歩き、最後には、川沿いに設置された大松明に【実盛(さねもり)どん】を投げ入れ、供養して五穀豊穣を祈ります。
 
大松明に投げ入れられた実盛どんは、高い火柱を上げ勢いよく燃えるため、最大の見どころとなります。
 
その後、五穀豊穣を祈願して、花火が打ちあがります。
 

ゆふいん盆地花火大会2018の日程

日時2018年8月15日(水)20:45~21:30
荒天時小雨決行(荒天時は2018年8月17日(金)に延期)
打ち上げ数2000発
例年の人出約1万人
有料席なし
問い合わせ先0977-84-2445 由布市商工会湯布院支所
打ち上げ場所

大分県由布市宮川河畔

(JR久大本線 由布院駅舎の裏側)



<打ち上げ場所の地図>

 

打ち上げ場所は、JR由布院駅の裏手の方です。

ゆふいん盆地花火大会の駐車場情報

花火大会当日は、無料の駐車場はありません。

また、当日は交通規制もあります。

JR由布院駅周辺有料駐車場をご利用ください。

有料駐車場をご利用の方は、収容台数が限られていますので、早めの行動をお勧めします。

①由布院駅駐車場

住所大分県由布市湯布院町川上8
営業時間24時間
料金

0分無料

8時~18時:30分100円最大800円

18時~8時:60分100円最大300円

収容台数142台

花火会場のJR由布院駅現地

 

②タイムズ湯布院

住所大分県由布市湯布院町川上3021
営業時間24時間
料金

土・日・祝
09:00-18:00 60分¥300
18:00-09:00 60分¥100

当日1日最大料金¥900(24時迄)

収容台数63台

花火会場の由布院駅まで約700m 徒歩で約9分

 

③タイムズ湯布院第2

住所大分県由布市湯布院町川上1024
営業時間24時間
料金

土・日・祝
00:00-24:00 60分¥200

当日1日最大料金¥500(24時迄

収容台数37台

花火会場の由布院駅まで約800m 徒歩で約10分

 

④タイムズ湯布院金鱗湖

住所大分県由布市湯布院町川上字嶽本1600
営業時間24時間
料金土・日・祝
00:00-24:00 60分¥300
当日1日最大料金¥600(24時迄
収容台数30台

花火会場の由布院駅まで約1.5Km 徒歩で約18分

 

ゆふいん盆地花火大会交通規制

ゆふいん盆地花火大会の8月15日

*JR由布院駅赤色部分が16:00~22:30まで車両通行止め

*JR由布院駅青色部分が19:00~21:00まで車両通行止め

となっています。


引用;ゆふいん山水館

スポンサーリンク

ゆふいん盆地花火大会の穴場ビュースポット

①由布見通り

上の写真は、JR由布院駅を背にした由布見通りです。

由布見通りは、花火大会当日は交通規制がかかり、歩行者天国となっている道路です。

花火は、由布院駅舎上空に見えるので、JR由布院駅近辺からは、かなりの迫力で観覧できます。

②由布院駅舎裏のJR由布院駅駐車場

 

JR由布院駅に向かって右側にある駐車場です。

花火の打ち上げ場所である、JR由布院駅の裏側なので、花火を遮るものは何もなく、頭上に見ることが出来るため、迫力満点で体感できる1番のビュースポットです。

③花火打ち上げ場所の交通規制以外の、田んぼの農道

 

久大本線で囲まれた田んぼの中心部分の赤いマーク位置から花火が打ち上げられます。

地図で見ても分かるように周囲は田んぼです。

湯布院の街中からは、少し外れていますが、交通規制のかかっていない農道からの眺めも、視界を遮るものがなく、花火を綺麗に見ることが出来ます。

昼間のうちに自分だけの穴場スポットを探すのも楽しいですよ。

*夜間は虫よけスプレーをしっかりして、足元を照らす懐中電灯も必需品です。

④湯布院の街並みを見下ろせる県道11号線

 

上地図は、花火が見える県道11号線の一部分です。

下の写真は、県道11号線沿いからの眺めの一部分です。

 

湯布院は盆地なので、湯布院の街並みを見下ろせる、山沿いの道からも花火が楽しめそうですね。

湯布院市街地へ向かう、県道11号線の山沿いの道は、湯布院の夜景も同時に見れる最高の穴場ビュースポットかもしれません。

ただし、車を止められる場所はなさそうなので、タクシーの利用をお勧めします。

由布院駅から県道11号線までは車で約2.1Km 約6分 

 

ゆふいん盆地花火大会へのアクセス

花火打ち上げ場所は、JR由布院駅裏なので、JR由布院駅を目指しましょう。

福岡方面からのアクセス

JR由布院駅まで約121Km~142Km 約2時間16分~1時間39分

 

JR由布院駅まで、大分道湯布院ICから約15分

電車

約3時間30分~4時間

JR由布院駅にそのまま到着。

大分市方面からのアクセス

JR由布院駅まで約48km 約1時間

 

JR由布院駅まで、大分道湯布院ICから約15分

電車

JR由布院駅まで約1時間20分

 

JR由布院駅にそのまま到着。


まとめ

大分県由布市にある湯布院は、全国的にも観光地で有名なので、有料の駐車場は市街地に数多く散在します。

車の方は、お祭りや花火大会などの催しがある時は、交通規制もあるので、なるべく早い時間に駐車場を押さえることをお勧めします。

ゆふいん盆地花火大会は、湯布院が盆地である地形のため、花火の打ち上げ場所を拠点として360度その周辺全域から観覧可能となっています。

ゆふいん盆地の夜空を彩る花火大会、ゆふいんを散策して、自分だけの穴場ビュースポットを発見するのも楽しいかもしれませんね。

自然豊かな環境なので、虫よけスプレーは必需品です。

田んぼの農道や草むらで花火を観覧される方は、蚊やマダニの虫刺されに注意し、肌の露出の少ない服がベストです。

一度、ゆふいん盆地の花火大会へ是非、足を運んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする